水の味

田舎に帰ると、必ず思うことがあります。それは、人々が温かいということと空気が美味しいということ、そして水が澄んでいるということです。よく都会の水は美味しくないというかたがいると思いますが、これはそのひとの味覚がおかしいということではないように思います。実際に、私も田舎の水の方がおいしいと感じますし、澄んでいるような気がします。田舎に帰ったということの意識も働いているのかもしれませんが、あながち間違いでもないのだと覆います。水というのは、世界各国に必ず存在しているものです。そして、世界各国で異なる味や硬さなのです。同じ地球上において、このように違いが出来てしまうことは、とても不思議ですね。でも、水の味を見た目で判断しようとしても、容易な事ではないと思います。では、どうして味が違うのでしょうか。それは、水に含まれているものの配分が違うからでしょう。田舎には、自然という広大な栄養素があります。とくに湧き水というのは、本当に甘くて美味しいですよね。そのように、やはり土地柄によっても水の味が違うというのは必然的なのです。もちろん、飲む人の状態によっても同じ水を飲んでも、味は変わってきます。私達の毎日の生活に欠かせないものである水ですが、色々な水を飲んでみるのもおすすめです。

Recent Entries »