水の硬度

私達が毎日飲んでいる水にも、色々な種類があるということはご存知かと思います。コンビニエンスストアでも簡単にミネラルウォーターを手にすることが出来るようになりましたが、それらには水の硬さが示してあります。最近は健康や美容のために、飲み物は必ずミネラルウォーターにしているというかたも少なくありません。それだけ、ミネラルウォーター、つまり水は身体にも良い影響があるといえます。そして水には、硬水と軟水があります。この言葉自体は、きっと聞いたことがあるかたも多いことでしょう。その水の原産国や土地によって、水の硬さが違うのです。でも、水の硬さといわれてもぴんとこないものですよね。見た目は変わらない水ですから、硬いとか軟らかいとかいわれてもさっぱりだという方も多いでしょう。私も、そのうちの一人でしたから。でも、色々な水を飲んでみるうちに、その味の違いや硬さの違いもわかるようになってきました。海外の方の方が、水の硬さには敏感なように思います。水の硬さというのは、水1リットルに対してどれほどのカルシウムとマグネシウムが含まれているのかによって異なってきます。これらを多く含むほど、硬い水という表現になるのです。硬水よりも軟水の方が、わりと飲みやすいというかたが多いと思います。