水のことを考える

毎日、手を洗ったりうがいをしたり、お料理をしたりお茶を入れたり…そのどれもが、必ず水と関係していることは確かでしょう。しかし、実際これだけ水がとても近いものではあるものの、水についてよくよく考えることなんて、ほとんどないと思います。水って、どんなものから出来ているのだろうか、なんていまさら大人になって考えることでもないのかもしれません。しかし、考えてみると面白いことだと思いますよ。水にも種類があること、それもまた不思議な話だと思いますが、水の持つ特徴について少し考えてみましょう。水って、他のものにはない性質を持っているといえますよね。単純に体内に摂取する必要があるものだという時点で、ものすごく生きていくうえで必要なものだといえます。そして、冷却すれば固まりますし、熱すれば蒸発する、そんな当たり前のことですが本当にすごいことだと思います。他に水と同じように、このような性質を持っているものってないと思いませんか?毎日の生活に当たり前のように力を発揮してくれている水ですが、本当はものすごく働き者ですから、大切にしてあげなくてはなりません。水には、水にしか出来ないことがたくさんあります。普段、こうした水のありがたさを感じられることが少なくなっているように思いますが、感謝して使うようにしましょう。